そろそろ生え際がえらい事になっているのが周知されてきました

2018-05

04 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 06
姉妹サイト:
「テニスのコーチになろう」もよろしく♪

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボレーはやっぱり、コンチネンタル♪

2005-09-04 (Sun) 01:15[ 編集 ]

厚いグリップ薄いグリップ

両方を使い分けてみませんか?

これは別に多くのものに手を出していると言う事ではありません。

 

両方の技術は両立します。

つまり厚いグリップの技術だけでは限界があり、薄いグリップのグリップだけでも限界があります。

両方の技術をあわせれば多くの応用を得ることが出来るでしょう。

 

厚いグリップを主に使う方は特に薄いグリップを取り入れてみてください。

 

1.ボレーはコンチネンタル!!!!

やっぱりボレーはコンチネンタルグリップ(包丁握り)が良いと思います。

そこから幅を持たせてフォアはやや厚く、バックはフォアの握りのままで手首で面を作り打つというのでもかまいません。

 

しかし、苦手と言う方はここで気持ちを一新してコンチネンタルグリップで再スタートしてみてはいかがでしょうか?


 

2.コンチネンタルグリップの利点

まず、厚いグリップよりもコンチネンタルグリップの方が手首を自由に使い安いと言う点が挙げられます。

ボレーに関して「足をしっかり曲げて!!」とか「ラケットの裏側からボールをのぞきこんで!!」と言う風なアドバイスを聞きますが、

それはあくまで、出来たら良いということであって、実際には難しい事だと思います。

実際にできない事だからこそ、幅広く応用が利くコンチネンタルグリップの方が良いと私は思います。

 

こんな事を言っておいてなんですが私はフォアハンドのイースタングリップのみのワングリップ(バックハンドはフォアの握りでフォアとは反対の面を使ってボレー)でボレーをしています。

しかし、私はコンチネンタルグリップで打てないわけではありません。

その理屈がわかった上で「ダブルスでのたたきあいに強い握り」を選んでいるわけです。

 

今まで厚くしか握らなかった人は出来ればコンチネンタルでも打てるようになっておくと、今後幅広い技術を身につける事が出来ることでしょう。

 

3.徹底的にコンチネンタル!!

コンチネンタルグリップに対して

「ぜんぜん力が入らない」「回転がかかりすぎる」「窮屈だ」「打ち負けてしまう」

と言う印象をお持ちの方は、まず、

徹底的にコンチネンタルグリップのみでボールに触れてみましょう。

別にストロークでもかまいません。

ボレーでもかまいません。

そのときに意識していないといけない事は一つ

どうすれば力を抜いて

フラットに当てる事が出来るか

です。

 

厚いグリップのみでテニスをしていると、どうしてもインパクトのタイミングと手首の作り方の面では

薄いグリップの方よりも劣ってしまいます

先ほども言ったように薄いグリップだと「力が入りづらい」わけですから、それを克服するために

力が入らないタイミングでは打てない

力が入らない手首の形では打てない

と言う事は、薄いグリップを使う方は良く知っているからです。

 

逆に厚いグリップの方はある程度タイミングがずれてもスイング軌道さえしっかりしていればボールは飛んでくれます。

つまりはインパクトの瞬間の力の入れ方、手首の形をおろそかにしている場合が良くあります。

 

この意識の違いを根本的に理解しないとコンチネンタルグリップは習得できません。

 

さて、どのようにコンチネンタルを取り入れるかは次回♪

スポンサーサイト
    

コメント

☆ 発 見 ☆

( ̄_J ̄)y━・~~ ん?

ヒマさん・・・

トクリン見つけてしもたよ、

「トーキング・ヒマ」を。

しかし、ところどころ言ってることが・・・怖い・・・ ヒェッ(`Θ´;;;)ノノ

んでも、ついついヒマワリを (σ・∀・)σ クリック。

そして (σ・∀・)σ クリック。

もっかい (σ・∀・)σ クリックして、

ヒマさんの一方的なトークで楽しんでます(*´m`)むふ♪

あ、で、本題♪
コンチとウェスタン
一応、使い分けてるんだけど、
必死にボレーしているうちに、
どんどんグリップが厚くなってしまいまする。
体が開きすぎだから・・・?かなぁ。

とくりんへ

> トクリン見つけてしもたよ、
> 「トーキング・ヒマ」を。
半月近く放置されていたTalkingHima君・・・
やっと見つけてもらえてよかったね(TДT)

もっと遊んでやってください♪
言わせる言葉は募集中です☆彡

> コンチとウェスタン
> 一応、使い分けてるんだけど、
> 必死にボレーしているうちに、
> どんどんグリップが厚くなってしまいまする。
> 体が開きすぎだから・・・?かなぁ。

うーん・・・
一概には言えないかな・・・
トクリンの場合は
厚いグリップの打ち方

薄いグリップで握っている
から、打ちやすい厚いグリップになっていくんじゃないかな?
理屈はもう少し待ってね♪

教えてPart2

 こんばんわ
 ボレ-については厚いグリップで最近特訓してるので
包丁握りも今度トライしてみます。

 ネタの仕入れはゴルフから来てるとこもありますね。
 (別の仕入れ場所は内緒です。)

ゴルフ場の現場では変化の連続です。

 ドライバ-→アイアン→アプロ-チ→パッティング
それに傾斜も加わり、そこでナイスショットが出ると
またゴルフにハマるという感じです。
 ゴルフでは球を上げようと振ると飛距離が出ないのです。
 8月にようやく自己ベスト更新出来てほっとしてるとこです。

 明日は練習出来たらボレ-試してみます。

 * 質問 *
 同じラケットを2本持つとして
 
 ①ガットのテンションはちょっと変える?それとも同じ?
 ②ガットは同じの貼る? 2種類別々に貼る??
 
 人それぞれとは思うけどひまのっぽさんはどうですか?

 P,S,佐藤 琢磨2列目スタ-トだったのに残念っす。
今回はBARのチ-ム側が悪いですね。
 このままだと来シ-ズンはBARに琢磨がいないので
残りのレ-スも諦めずにトライしてほしいですね。
 来週もF1あるで要チェックやわぁ~!!  
 
 

包丁ニギリ!

力はいりませんよねーー。ボレー苦手だぁ。
ファーストのローボレーを完璧に取得したい!
 

まさやんさんへ

> 包丁握り
是非トライしてみてください♪
勝手はぜんぜん違うけれど一番安定すると思いますよ。

> ネタ
ゴルフからですか(^▽^;)
なるほど・・・
確かにゴルフも左肩の上にあごを乗せるとか言いますね。
あぁまさやんさんは左利きだから右肩か。

> ゴルフ
ゴルフをしているかたってみんなが何かしらの理論的な裏づけを
持っているのはなぜでしょう?
打ちっぱなしでおじちゃんに話しかけると
いつも理論合戦が始まります( ̄∇ ̄;)

でも、テニスに応用できたら一挙両得ですね♪


> 質問
①テンション
テンションは基本的には2ポンドほど変えるものですが
それはあくまで両方とも張りたてと言う事が前提ですよ♪
打てばすぐにテンションは下がりますし、時間がたてば
勝手にテンションは下がるので、別に両方とも同じテンションでも
かまわないと思います。

どちらかと言うと自分自身の適正テンションを探すために
いろいろテンションを変えてみては?

②ガットの種類
私はまちまちです。
あるものを張ってますね・・・(_△_;〃 ドテッ

試合志向であれば同じものを張るべきだと思います。
自分の適正なガットを選びたいのであればいろんなものにチャレンジするべきです。
ガットによってかなり感触が違うのでそれを知る事も
レベルアップの一つですよ♪

エビグラタンさんぇ

> 力はいりませんよねーー。
???(「・・)ン?
力は、いりませんよねーー。
力、入りませんよねーー。
(「・・)ン?

ボレーが苦手と言う事は「力、入りません」の方でしょうか?

ひまメガネも思うんですがジュニアからやっている人で
薄いグリップのボレーをマスターしている人っているんだろうか・・・

誰もボレーなんてしませんでしたよね?


> ファーストのローボレー
私も苦手です・・・( ̄∇ ̄;)
いつも怠けてダッシュもおざなりなので、ハーフボレーがほとんどに(;´Д`)
そのおかげでハーフボレーはかなりうまくなりましたよ♪
やっぱりファーストボレーが入りだすと思い切って前に詰めれますよね。

エビグラタンさんの試合結果楽しみにしております♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://himacoach.blog9.fc2.com/tb.php/50-812b62f0

 | HOME | 

ひまメガネ

ひまメガネ

テニスは練習していればうまくなるだろうけれど、人間的にはどうなんだ?!

詳しいプロフィールはこちらをどうぞ


RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。