FC2ブログ
そろそろ生え際がえらい事になっているのが周知されてきました

2018-09

08 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 10
姉妹サイト:
「テニスのコーチになろう」もよろしく♪

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蚊に悩む・・・(_△_;

2005-07-29 (Fri) 09:17[ 編集 ]
朝から蚊の「ぷーーーーーん」という音に悩まされ7時40分に起床
せみの音では絶対におきないんだけれどな・・・
耳元で違和感を感じるとすぐ起きてしまうのはなぜ?

そんなんでおきてしまったからとりあえず、勉強♪
現代会計学(おとんの使っていた年代物)を引っ張り出してきて
最初の方からお勉強。
そのついでに、思ったことも書いてみる。
読みたい人は続きをどうぞ




<本の読み方>

学術書の読み方はまずは理解することが目的で書かれている。
と言うことは、理解をさせるために書かれているわけでだらだらと書かれているわけでなく
もちろん、小説のように次々に起承転結を起こすものでも序破急でもない。
ようは「章」「節」「項」など大きい分類のなかの小さく分類されるものを知るためのものであり
それぞれの文章の中のタイトルを理解することができればよい。
無理にそこに書いてある文章をすべて理解しようとすることは
学問の性格から言って最初の「総則」(全体はどのような感じか)の部分で
どうしても例示しなければならない部分があるため
かなり先に覚えるべきことも「例」として書かれていることが多く
タイトルのみを理解することにより次に進んでゆくことが好ましい。

逆に言えば最小単位のタイトル
たとえば、サークル活動という本があり
第二章 役員
第4節 会計
(1)役割

というようなタイトルがあったとして、
(1)役割
という段にうだうだと他の役員についてや、思い出して
書いたような理論なんかは必要ないわけで、そんなことを
書いてある本はダメってことである。
良い本であればあるほど分類がきちんとなされ
なおかつ必要である部分だけ他の関連する情報についても
触れてあるはずだと思う。
スポンサーサイト
    

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://himacoach.blog9.fc2.com/tb.php/2-1f4fda84

 | HOME | 

ひまメガネ

ひまメガネ

テニスは練習していればうまくなるだろうけれど、人間的にはどうなんだ?!

詳しいプロフィールはこちらをどうぞ


RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。