そろそろ生え際がえらい事になっているのが周知されてきました

2018-05

04 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 06
姉妹サイト:
「テニスのコーチになろう」もよろしく♪

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ぎゅっと握る」の真髄(はじく打ち方 - その3)

2005-08-10 (Wed) 14:41[ 編集 ]
さて、最近話が長くなることが多いので前日との関連か続きと言うことが多くなってきました。

内容は1日で完結するようにはしますが段階を追った方がわかりやすいと思います。






今日も昨日の話しの続きです。

昨日話した中の図解2番目の方を参照してください↓


8_8_02.gif


ボールに当たるまでに手首が動いているのがわかりますか?

そして、図では手首が少し動いた後で当たっているのがわかりますね。

ここが非常に重要です。


力を入れたように見えなくてもしっかりボールを飛ばすことができる人はこの

ラケットを腕よりも引く

腕を振り始める(手首から先の力はまだ無い)

当たる直前にぎゅっと握る(握ることによりラケットが前に動く)

当たる

と言う流れが非常にスムーズにできています。


この「ぎゅっ」っとにぎるタイミングが少しでも遅れれば、無理やり押し出さなければ

いけないわけですが、タイミングがよければ当たった瞬間にボールが

はじかれて飛んでいってくれます。



はい!!

ここで出ました。

「押し出す」と「はじく」


やっとメインまできたわけですが、これが言いたかったことです。

おそらくできるようになってみて初めてわかることだと思うので、まずは自分で「はじく」ことができるようになりましょう。


イメージですが

「押し出す」と言うのは、この手首から先の「ぎゅっ」を使わずにボールに当たった後腕を前へ押し出すことで、

「はじく」と言うのは、当たる前に「ぎゅっ」を行い十分にラケットにスピードをつけてインパクト、力を入れるのはそこまでで後は流れるままに腕もラケットも力を入れない

と私の中では定義(分類)しています。


以前に話したゆったりスイングができる人は、このインパクトまでのラケットスピードの上げ方が非常にうまい方だと思います。

その人たちが後ろに大きくスイングを取るのはラケットの助走距離が長ければ長いほどラケットスピードを上げやすいからでしょう。

後ろに小さく引いて打つよりも
引ききったところから長い距離ラケットを動かし(走らせ)て打つ方が


小さな力で打つことができる

ぎゅっのタイミングを取りやすい

打ち方により回転もかけやすい



などのメリットがあります。

スポンサーサイト
    

コメント

昨日の結果と課題

 昨日の練習でテイクバックと球当たるぐらいにギュって感じに
バウンドさんチェックポイント《球があるべきはずの軌道を振り抜く》
を足してみますとなんとウルトラショット炸裂しました!!
 当たるぐらいにギュって感じを忘れるとオ-バ-してフォルトか
当たり損ねでゆる-いボ-ルが飛んでました。
 普段のサ-ブとは腕の軌道や打点もかなり変わったのも新しい
発見です。
 ラスト付近でストロ-クしたので《球があるべきはずの軌道を
振り抜く》に現場ではじく打ち方融合するとまたまた良い感じでした。
 これにバウンドさんチェック2《球を打ち出す時に息を吐き出す》
を混ぜてみましたが時間短すぎたので次回またトライです。

 *ひまコ-チに質問→肩~頭付近に来るハイボレ-について講座
お願いします。
 現状ではフレ-ムにあたるかまともに当たってないので何か
ヒント下さいまし。

 *それと今「金持ち父さん貧乏父さん」読んでるので経済系の
テ-マ書き込んでも良いですか?
 会計士に向けてのテ-マもこの機会に書いてほしいです。
 

ォオー!!(゚д゚屮)屮

聞きましたよ。
バウンドさんも「すごいショット」って言ってましたよね。
ひまコーチはレッスンで見れませんでしたが、また、今度
同じのをお願いします♪

> 軌道を振りぬく・・・ウルトラショット・・・
ウルトラショットの体験はいかがですか?
ひまコーチは最近ウルトラショットなんて無いんです・・・
筋トレでもしてみよっかな(-ω-;)ウーン

実体験報告、これからもどしどしよろしくお願いします<(_ _)>

> 息を吐く
バウンドさんに「息を吐く」スイングの話の許可をもらったのに
まだかけていません・・・
近いうちに必ずや!!

ここで少し呼吸について
息を吐く動作で腹筋がしまります。
そして、その吐く速さで腹筋のしまり方の速さが変わります。
テニスは体を中心にラケットを回すスポーツですので
腹筋、背筋などをしめなければ腕の筋肉を100%まで
使うことはできません。
しめていなければ100%だと思っている力でも
100%ではありえません。

そこで、腹筋に力を入れる(息を吐く)わけですが
「フッ」と言う風に吐けば、腹筋は早くしまり
ラケットも体の周りを早く回ることができます。
「フー」と言う風に吐けば、腹筋はゆっくりしまり。
ラケットはゆっくりと体の周りを回ります。

他にもあるようですが割愛します・・・



> 顔や肩の付近に来た時のボレーの対処
それは「高さ」がと言うことですか?
それとも本当に真正面にその高さで来たということですか?
ボレーについては「ストローク編」が終わってから
書こうと思っていますが、また、折を見て書いてみます。


> 経済のテーマで
どうぞどうぞ(ノ´▽`)ノ

でも、ひまコーチが理解できないかもしれないで
できる限りわかりやすくお願いします<(_ _)>

やっと休みだぁ~

 昨日の夜、2回書き込んだけど送れなかったので
今日再トライっす。
 この前の練習ではウルトラショット出て自分でも
びっくりしてます。
 翌日、ゴルフ打ちっぱなしに行くとこれまた
ウルトラショット炸裂で良い気分です。
 
 でもちょっぴり左腕がたまにズキズキするので
盆休みはテニス休養っす。
 毎日、かなり暑かったのでこの連休はかなり
うれしい所です。
 明日は朝4:45分起きででかけるので雨振らなかった
らとても楽しみっす。
 
 さっき、テニス雑誌読んでたらけっこうヒント乗ってたので
ひまコ-チ講座に混ぜて練習したいとこです。
 ストロ-クはグリップエンドから出すイメ-ジで行くと
更にパワ-ショット出そうですね!
 (読んだのそのままやけど)

 でわ
 

充電中・・・

お仕事お疲れ様でした♪
ゆっくり休養とって充電してください。

> 昨日の夜、2回書き込んだ・・・
?(゜_。)?(。_゜)?
なんでだろ・・・
また、調べときます<(_ _)>

> 左腕ズキズキ
関節の痛みはテニス肘につながったりするので
痛みが慢性化する前に休養とってくださいね。

> テニス雑誌
ひまコーチも雑誌から情報を仕入れております。
でも、なかなか言っていることをそのまま実行するまでは・・・
雑誌を見ていると言い方には何通りもあることに驚かされます。
その中のどれかでコツをつかめたら儲けものですよね♪

それでは、また盆休み明けによろしくお願いします<(_ _)>

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://himacoach.blog9.fc2.com/tb.php/17-cc8b1b22

 | HOME | 

ひまメガネ

ひまメガネ

テニスは練習していればうまくなるだろうけれど、人間的にはどうなんだ?!

詳しいプロフィールはこちらをどうぞ


RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。